読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

paper sky

趣味で図画工作をするじむいんのweblogです。

また会う日まで

f:id:cotori9:20150508211002j:plain

 

ひとが亡くなったとき、その人が自分の心の中に占める割合が、生きている時とまったく変わらないのにびっくりした。

死後の世界は、亡くなった人を思う生きている人のために、現実的に必要だ。

 

悲しいはなしで恐縮だけれど、祖母が緩和ケア病等にいる時、お見舞いにいって最後にかわした約束が「きょう、ごはんいっしょにたべようね」だ。

そのあとから祖母とは会話が出来ていないのだけど、「きょう」がいつくるのか、けっこう本気で(なかば楽しみに)待っている。

広告を非表示にする